キャベツの写真

野菜の育て方

春夏秋まき!上手にできるキャベツの栽培

更新日:

キャベツの栽培は、冷涼な気温が適していますが、栽培適温が5〜25℃と幅広く時期を選んで全国多くの地域で育てることが可能です。

また、多くの品種があり、季節にあった品種を選べば、春まきして夏に収穫、夏まきして秋に収穫、秋まきして春に収穫が可能です。

暖かい時期は特に害虫被害が多い野菜ですが、サラダや煮物、漬物と多くの料理で活躍する大物結球野菜なので、収穫時の喜びは格別です。

キャベツの種まき/植え付け/収穫/害虫/栽培カレンダー

 

【地域ごとのキャベツの栽培時期】

・寒冷地

①植え付け:7月/収穫:9月中旬〜10月中

②植え付け:10月中旬・下旬/収穫:5月中旬〜6月中

・暖地

①種まき:2月中旬〜3月上旬/植え付け:3月中旬〜4月上旬/収穫:5月中旬〜6月上旬

②植え付け:11月中旬〜12月上旬/収穫:4月中旬〜5月中旬

・中間地

①種まき:2月下旬/植え付け:3月下旬〜4月上旬/収穫:5月下旬〜6月上旬

②植え付け:8月中旬〜9月上旬/収穫:10月下旬〜12月中旬

③植え付け:11月上旬〜11月中旬/収穫:5月中

 

失敗しない!キャベツの栽培手順

キャベツに適した土づくり

植え付けの2週間前になったら、苦土石灰100g/㎡を畑に施して良く土と混ぜて耕しておきます。
その後、植え付けの1週間前になったら、堆肥2kg/㎡、化成肥料100g/㎡の元肥を施して、深く耕しておきます。
幅60cm、高さ10〜15cmの畝を作り、レーキなどを使用して、畝の高さを均一に整えましょう。※レーキがなければなるべく平らにならします。

キャベツの種まき

・種まきの時期

種まきは、夏まきは7月中旬〜8月中旬、秋まきは9月下旬〜10月下旬に行います。

 

・種まきの手順

①ポリポットに用土を入れて、1つのポリポットに指で4箇所程くぼみをつくり、1箇所に1粒づつ種をまいていきます。

②土を軽くかぶせて、発芽までたっぷりとやさしく水やりをしましょう。
発芽したら、本葉が2本の時期に2株に間引き、本葉が3〜4本になったら1本に間引きます。

 

・植え付け

苗の本葉が5〜6本になったら畑に植え付けを行います。
①作った畝にポリポットの鉢よりも少し大きめの根穴を少し深めに掘り、穴にたっぷりと水をやります。

②水が引いたら、株間30〜40cmで根についた土を壊さないように植えていきます。

③植え付けた後は苗がぐらつかないように、根元の土を少し手で押さえて固めます。

植え付け後は土が乾燥するため、乾燥しないように水やりを続けると生育がよくなります。

 

1回目の追肥と土寄せ

①植え付けから2、3週間経過して、葉が10枚程度になったら1度目の追肥を行います。
化成肥料30g/㎡をキャベツの株元に施します。※葉に直接化成肥料がかからないように注意しましょう。
②追肥後、下葉に土がかからないように、化成肥料と土を混ぜながら株元に土寄せをします。

秋まきの場合、春にとう立ち(花が咲く)しやすくなります。3月上旬を目処に行います。

 

2回目の追肥と土寄せ

1度目の追肥より20日経過した頃に2度目の追肥を行います。
1度目と同様に、化成肥料30g/㎡をキャベツの株元に施して、下葉に土がかからないように、化成肥料と土を混ぜながら株元に土寄せをします。

秋まきの場合は結球しはじめた頃が2度目の追肥のタイミングとなります。

 

収穫

種まきから100日後位にキャベツがかたく結球した頃が収穫のタイミングです。
結球部を手で押してみてかたく締まっているか確認してみましょう。
外葉を押し下げて株元を包丁などで切り取って収穫します。

収穫後に畑に残った外葉は、そのままにしておくと病害の原因となります。早めに取り除いて処理しましょう。

 

失敗しないキャベツの育て方のポイント

① キャベツは夏まきと秋まきによる栽培が可能ですが、秋まきの場合、収穫が春になるために、とう立ち(花が咲く)しやすくなります。
初心者はまず比較的簡単な夏まきからはじめましょう。

②キャベツは害虫被害の多い作物です。
特にモンシロチョウの幼虫であるアオムシが多発します。モンシロチョウが飛んでいるのを見つけたら、キャベツの葉に卵を産んでいる可能性が高いので、キャベツの葉をみて捕殺しましょう。害虫被害を避けて無農薬での栽培をしたい場合は、大きく育つまでは、寒冷紗などによるトンネル栽培がオススメです。

③大きなキャベツにするには結球前に葉を大きくすることが大切です。
追肥をきちんと行って生育を良くしましょう。

④種まきの時期をきちんと守りましょう。
時期を過ぎてしまうと結球が小さくなってしまいます。

 

キャベツのよくある病気と害虫対策

アオムシ、ヨトウムシ、コナガなどの害虫被害を受けやすい作物です。
見つけたらすぐに捕殺しましょう。薬剤を使用することを避けたい場合は、トンネル栽培がオススメです。

 

キャベツの連作における注意

アブラナ科の連作を避けて、2〜3年アブラナ科を育てていない場所を選んで栽培しましょう。※連作をすると根こぶ病にかかり収穫ができなくなることがあります。

 

さまざまなキャベツの種類

おてがるキャベツ 金系201号

おてがるきゃべつの種

植えつけから春まき約80日、夏まき約65日、秋まき約150日で収穫できる、秋まき春どりキャベツの代表的な品種で育てやすく人気です。
収穫時の結球は1.5kg前後、やわらかくておいしいキャベツです。本来は秋まき用ですが、春夏まきしても高品質のものがとれます。

 

やわらかたけのこキャベツ

やわらかたけのこキャベツのたね

植えつけから春まき約58日、夏まき約55日で早く収穫できる、タケノコ型のキャベツです。収穫時の結球は1.2kg前後、鮮緑色の葉はやや厚めでやわらかく、生食でも甘くておいしい品種です。とり遅れると尻から腐れが入ることがあるので早めに収穫しましょう。

 

スーパーレッド

スーパーレッドのたね

植えつけから夏まき約90~110日で収穫できる、濃い紫紅色のキャベツです。良質、丸型球で良くしまり裂球が遅い品種です。外葉は肉厚で葉が大きいです。生育が旺盛で、特に植えつけ後の生育は良好です。
動脈硬化や血栓の予防に効果があります。また、老化防止や生活習慣病の防止、目や肝臓の機能を向上させる働きもあります。通常のキャベツよりもビタミンCを多く含んでいます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう







-野菜の育て方
-

Copyright© Saien , 2017 All Rights Reserved.