白菜の画像

野菜の育て方

害虫や病気に悩まない!白菜の栽培・育て方完全マニュアル

更新日:

白菜はアブラナ科の結球野菜で、ミネラルやビタミンCなどの栄養素を多く含む冬の食卓に欠かせない野菜です。

春まきと秋まきで育てることができますが、暑さが苦手で〜20℃の冷涼な気候を好む為に、秋まきでの栽培の方が結球しやすく、初心者が育てるのに向いています。
大きくて美味しい白菜の育て方を、詳しく説明します。

白菜の種まき/植え付け/収穫/害虫/栽培カレンダー

時期 種まき 収穫 害虫/病気
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

失敗しない!白菜の栽培手順

白菜の種まき

ポリポットや連結ポットに用土を入れて、指で4箇所程くぼみをつくり、1箇所に1粒づつ種をまいていきます。

種まき

土を軽くかぶせて、発芽までたっぷりと水をやります。
発芽したら、本葉が1〜2本の時期に2本に間引きます。

葉の育ち

育ちの良い株は葉の形が整っています。一方で葉の形が揃っていない葉は、根の形も悪いことが多いので間引きましょう。

本葉3〜4本で元気のよい1本に間引き、苗の本葉が4〜5本になったら植え付けを行います。
この時使用する用土は、市販の培養土で構いません。

地域毎の適した時期に種をまくことで、不結球や病気、害虫に侵される確率が少なくなります。

【地域ごとの白菜の種まき時期】

・寒冷地…8月上旬〜8月中旬

・暖地…8月下旬〜9月中旬

・中間値…8月下旬〜9月上旬

 

白菜の土づくり・植え付け

植え付けの7〜10日前になったら、堆肥2kg/㎡、化成肥料100g/㎡、苦土石灰150g/㎡の元肥を施して、良く土と混ぜて耕しておきます。

・堆肥については、以下の記事で詳しく説明しています。
堆肥とは何?堆肥の作り方(落ち葉・生ゴミ・牛ふん)

白菜の畝

株間隔は早生品種で40cm、晩生品種で45cmで植えましょう。
植え付け後はたっぷりと水をやりましょう。
水はけの悪い畑の場合は、畝を少し高めにすると良いでしょう。

植え付けの際は、ポットから丁寧に取り出して、根に付いた土を崩さないように植え付けます。

白菜の追肥・土寄せ

植え付けの約2週間後に1回目、結球がはじまる1ヶ月後に畝の肩と株間部分に化成肥料を30g/㎡施して、株元に土寄せをしてあげましょう。
ふらふらしている苗もこれで風などの影響を受けにくくなります。

下の方の葉で、虫食いが酷いものや、葉が黄色くなってしまったものを早目に取り除いてあげることで、病気の発生を防ぐことができます。

白菜の収穫時期

白菜の切り目

白菜の株が十分に大きくなり、結球した頭の部分を手で押してみて、かたく締まっていたら収穫時期です。

早生品種で植え付けから40〜45日、中生・晩生品種で60日前後で収穫時期になります。
収穫は外葉を結球から外して地面に押し広げ、根元から包丁などで切って行います。

 

白菜の保存・防寒対策

白菜の畑保存

白菜は外葉で結球部を包んで、紐で縛ると、1ヶ月位は菜園で保存しておくことができます。
室内で収穫した白菜を保存したい場合は、新聞紙で包み、冷暗部などで置いておくことができます。

畑で保存する場合は、カラスなどの鳥害や凍結から守る為に新聞紙を被せて紐で結んでおきましょう。

 

失敗しない白菜の育て方のポイント

① 早生品種の白菜は、収穫も早く比較的栽培が簡単です。

② 種をまくのに適した時期を守って葉の枚数を増やしましょう。病害虫が発生しづらくなり効果的です。

③ 白菜は肥料を多く消費します。元肥を十分に施して、よく耕した土づくりを行うことで、肥料切れを起こさず、白菜の広い範囲ではる根から養分を吸収することができ、仕上がりが良くなります。

 

白菜のよくある病気と害虫対策

アブラムシ、アオムシ、コナガなど、多くの害虫が集まります。
結球前などの比較的暖かい時期は、葉の裏側など害虫のチェックをできるだけ行い、見つけ次第捕殺しましょう。

白菜の芽の先を食べられてしまうと、結球しなくなってしまいます。
また、畑の除草を行いアブラムシなどがつかないように心がけましょう。

 

白菜の連作における注意

同じアブラナ科の連作は避けましょう。白菜の後は、ジャガイモやほうれん草、レタスなどが適しています。

 

さまざまな白菜の種類

種まき後の育成日数によって、極早生品種から中生〜晩生と分かれています。

 

さらに美味しく作る大根栽培の知識

小さいまま大きくならず結球しない

気温が低すぎても、暑すぎても結球しづらくなります。生育には20℃前後が適していますが、結球期に適度な気温は、13〜15℃になります。また22℃以上の温かい気温が続くと軟腐病の発生が高まります。

種まきはポットと直まきどちらがよく育つ?

白菜は害虫被害の多い野菜です。また、種まき時期である8〜9月が1番害虫が多い時期です。直まきの場合は、害虫被害の影響が大きいため、ポットまきの方がメリットが大きいでしょう。

完全に無農薬で栽培をするには?

苦土石灰の代わりに、有機石灰を使用すると良いでしょう(450g/㎡)。元肥については、堆肥4kg、鶏ふん100g、ナタネかす100gを1㎡当たりに施しましょう。追肥については、ぼかし肥を300g/㎡施します。その他、害虫対策としてトンネル栽培にすると効果的です。

 

まとめ

白菜の栽培は、肥料を非常に多く必要としますので、結球した大きな白菜に育てるために、元肥を十分に施して肥料切れが起こらないように心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう







-野菜の育て方
-

Copyright© Saien , 2017 All Rights Reserved.